全く勉強をしていなかったフリーターが、4ヶ月で偏差値を79にまで上げた、「学校では教えてくれない」英語の勉強法を紹介します

こんにちは、りょーちんです。

 

 

今日は、みなさんにプレゼントを用意しました。

 

 

この「学校では教えてくれない」英語の勉強法

 

 

 

全く勉強をしていなかったフリーターが、

 

4ヶ月で偏差値を79まで上げ、

 

8ヶ月で全国ランキング7位にまで上り詰め、

 

早稲田大学全受験に合格をしました

 

 

 

 

 

その勉強法が詰まった「No.1メソッド」無料で配信します。

 

 

 

 

「No.1メソッド」を無料で受け取る

(メールアドレスのセキュリティーに関しては僕がしっかり責任を持っています。

三者からのメールは一切届きません。)

 

f:id:Ryo-chin2018:20181001154227j:plain

 

 

 

さて、そこのあなたに質問です。

 

 

「あなたは今、学校や予備校で勉強している英語で

 

 

“偏差値70を超えて、どこの大学受験にも通用する英語力が身につく”

 

 

と感じていますか?」

 

 

 

 

 

 

むしろあなたは、こんな悩みを抱えているのではないですか?

 

 

「英語の成績がよくないことはわかっているけど、できないことが多すぎて、

何をしたらいいかわからない。

 

 

「英語が苦手で嫌いだから、受験のことを考えたくない。

 

 

「自分はどうせ英語ができない、と知っているからやる気が起きない。」

 

 

「周りの人と比べて英語ができなくて、劣等感がある。

 

 

「他の教科は大丈夫だけど、英語の成績だけがどうしても上がらない

 

 

 

 

 

 

僕は「日本の英語学習は基本的に間違っている」と思っています。

 

 

そして、このブログを読んでいるあなたは、

 

 

その「間違った英語教育」の被害者の一人である、

 

 

とすら私は思っています。

 

 

あなたの英語力がないのは、才能が無いわけでも、「地頭がわるい」わけでもありません。

 

 

ただ、間違った勉強方法で英語を勉強しているからなのです。

 

 

f:id:Ryo-chin2018:20181001160205j:plain

 

 

 

 

 

クラスの中にはあなたよりもテストの点数が良い人が何人もいます。

 

 

彼らは塾で進んだ内容をやっていたり、記憶力が人より良かったりという特技を持っています。

 

 

そんな人たちの中で、英語の偏差値において「1位」を取ることができたらどんなに自分のことを誇りに思えるか想像してみてください。

 

 

 

 

 

僕は予備校のクラスの中間テストでクラス1位を取ったことがあるのでよくわかります。

 

 

「1位」というものはただひたすらに、めちゃくちゃ気持ちいいものです。

 

 

そこに理屈はいらないです。

 

 

もちろん順位はあまり気にしない僕でさえ、その日は余韻に浸って勉強をお休みして、ゆっくり過ごしていました。

 

 

この気持ちよさを僕はあなたに味わって欲しい。

 

 

そして、英語に、さらには「自分自身に」対する強い自信を獲得して欲しいのです。

 

 

「自分は少し頑張ったら、この“天才”達に勝つことができるのだ!」と。

 

 

 

 

 

とは言っても・・・

 

 

 

 

「そんなの無理に決まっている。」

 

「今までずっと成績が低かった、自分には一部の頭のいい人たちのような才能はない。」

 

 

 

なんて思ってしまいませんか?

 

 

 

 

もちろん、あえて言わせてもらうのですが、 

 

 

 

あなたは今のままでは成績も伸びませんし、

「彼ら」のようになることもできません。

 

 

 

 

「今のままでは」です。

 

 

あなたは「間違った」学校英語「間違った」やり方で勉強しているからです。

 

 

でも、それはしょうがないことでもあるんです。

 

 

勉強の「正しい方法」なんて誰も教えてくれませんでした。

 

 

さらに、あなたにとって人生で初めて触れた英語教育が学校のものでしたから。

 

 

 

 

だから、僕があなたを変えます。

 

 

 

 

ここで「正しい」英語の学び方を身につけ、クラスの、学年の誰よりも高い点数を取ってください。

 

 

そして、志望校合格をつかんでください。

 

 

 

 

プレゼントの中身を少しだけお見せしますね。

 

 

・単語を絶対に忘れないレベルにまで定着させる方法とは?

単語を覚える時の悩みとしてよく挙げられることが、「覚えてもすぐ忘れてしまう」ということ。実際、人は記憶したことの90%を翌日までにわすれてしまいます。

No.1メソッドでお伝えする方法で単語を学べば記憶力の良し悪しは関係なく、誰でも脳の長期記憶に強烈に単語を焼き付けることができます。

 

・みんなが苦手な英作文で、自由自在に文章をかけるようになる方法とは?

英作文が好き・得意な受験生を僕はほとんど知りませんでした。

ですが、僕は「あること」をしていたおかげで、英語を他の人たちよりも上手に、楽しく書くことができていました。

 

99%が知らない、モチベーションをあげる方法とは?

そもそも、英語を学ぼうとするときにまず取り組まないといけないものがあります。

それは、「英語を学ぶモチベーション」をつけること。99%の人が無視することを、このメソッドでは大切にします。

 

SVOは全くわからなくても英語を使いこなす方法

学校で学ぶSVOは必要ありません。正直僕は現在もSVOCとかの理解は怪しいです。

ですが、英語を喋るために必要なことはそんなことではないのです。

 

・全ての勉強で使える、成績を上げるための秘策とは?

成績が良い人たち、成績が悪い人たちには共通している「あること」があります。

良い点は取り入れて、悪い点を捨てていきましょう。

 

・ムダが多い学校の勉強よりはるかに効率のいい勉強法

学校の英語学習、宿題はムダが多いです。本質的な力に繋がらない練習を延々とします。

それをダラダラやるくらいなら、10倍効率のいいこのメソッドの勉強法を本気でやってください。

 

・潜在意識を活用した勉強法とは?

人間の意識の99%以上は潜在意識でできています。その99%の意識にアプローチして勉強した方が、当たり前ですが、成果は出ます。

クラスメートの誰も知らない方法をお教えします。

 

・偏差値70を突破するために何をすれば良いかが一目でわかる!

よくある悩みに「英語は苦手なんですが、何から手をつけていいかわかりません」というものがあります。

No.1メソッドでは、あなたが偏差値70になるために今何をすれば良いかがはっきりわかります。

 

・あなたは学年の「天才」達にも勝てる?

あなたの周りにいる「天才」。彼らは雲の上の存在のようですが、

実は「ある考え方」を持ったら彼らのレベルまで上がる持ちが見えてくるのです。

 

・教材を何回も何回も繰り返して使うので、余計な出費がかかりません

教材をいくつもいくつも買ってしまう。これは実力が伸びない人が陥るパターンの一つです。

たくさんの教材をやれば、それだけ実力が上がるのではありません。No.1メソッドでは、同じ素材を何回も繰り返して、理解を深める方法を使います。

 

 

このメソッドによってこんな未来が達成できます。 

 

 

・英語が得意になるから、英語の授業がどんどん楽しくなる!

そもそも、あなたが英語を嫌う理由は、英語ができるようになったら解決します。

英語が得意になり、授業もすらすら理解でるようになるので、英語の授業もとても楽しいものとなります。

 

センター試験の文章を「え、めちゃくちゃ簡単やん!」と思えるようになる!

センター試験は一つの難関だと言われますが、センター試験の英文なんて「クッソ簡単に読める」くらいまでなります。

 

・受験勉強のシーズンがやってきても、自分の英語力に安心できるし、何をやればいいかがわかる!

受験のシーズンになったら単語でも覚え始める。そんな勉強では受験までには自分の英語力に安心できるような実力はつきません。

No.1メソッドの本質的な勉強法を早いうちから初めたら、シーズンが始まった頃には、他の受験生に圧倒的な差をつけられるレベルに立っていられます。

 

・勉強だけでなく、「英語で話す」こともできるようになる!

英語の勉強ができる、だけでも「美味しい」思いはできるのですが、やはり英語は喋れるようになってこそ「かっこいい」です。

No.1メソッドは、英語の勉強が得意になるだけでなく、「英語で喋る」ことができるようになるためのメソッドでもあるので、しっかり「かっこいい」実力がつきます。

 

・英語を勉強している人の1%も実践していない秘密の方法です。

正直、早稲田・慶応の合格者の中でも、このNo.1メソッドの勉強法ほど効率の良いものをしている人はほぼいないと言って良いです。

 

・周りの人とは一味違う、個性の光った自分でいられる。

英語が得意、ことは圧倒的なアドバンテージになり、あなたの個性ともなります。さらに、No.1メソッドで身につけた英語力で、

世界の人たちとコミュニケーションが取れるようになったら、その経験はさらにあなたの魅力を輝かせます。

 

・志望校合格後も英語が得意なことに自信を持ち続けることができる

ここでお伝えするメソッドは非常に本質的なものなので、受験勉強が終わった後ですら脳に強力な英語回路ができているので、志望校に合格した後でさえ、使えて生き続ける英語力を得ることができます。

 

・英語を強制的に勉強させられる局面を避けられる。

就職活動、受験勉強とこれからの人生も英語を勉強することは避けられません。あなたは、それぞれの局面で、

やりたくもない勉強を睡魔に負けそうになりながらいやいやするのか、英語が楽しいから簡単にその場を切り抜けるのか、どちらがいいですか?

No.1メソッドによって後者の人生を選びませんか?

 

・ご両親への恩返し。

あなたのご両親はあなたのために学校のお金や塾の費用を支払っています。あなたの学習には莫大なお金がかかっているのです。

No.1メソッドで成績を今までにないくらいあげることができたら、ご両親への大きな恩返しになります。

 

 

 

 

「No.1メソッド」を無料で受け取る

(メールアドレスのセキュリティーに関しては僕がしっかり責任を持っています。

三者からのメールは一切届きません。)

 

 

 

 

 

 

f:id:Ryo-chin2018:20181001155203j:plain

 

 

 

 

 

少し、ここで、僕が英語を教えているワケを話させてください。

 

 

 

 

僕は高校を卒業した後、「大学に行くよりも働きたい!」という動機から、フリーターをして過ごしていました。

 

 

もちろん勉強なんてしていませんでした。

 

 

その2年後、自分の人生のこれからに不安を感じた僕は、父にお願いをして予備校に入れてもらい、勉強を開始しました。

 

 

勉強を再開したのが2016年4月のことでした。

 

 

あの日のことはよく覚えています。

 

 

自分よりも年下の人たちと一緒に、並べられた机に座っていました。

 

 

それは僕が「もう二度と経験しないだろう」と思っていた「学校の教室」という環境でした。

 

 

「俺は進む道を間違ったんやろうか??」

 

 

当時の僕は、あまりにも慣れない環境に戸惑っていました。

 

 

 

 

そして勉強を始めた時、僕は英単語なんてほとんど覚えていませんでした。

 

 

“Realize”とか”Accept”くらいならギリギリわかるくらいのものでした。

 

 

もちろんテストはボロボロ、

 

 

当時の担当のチューター(担任のようなもの)には

 

 

「このままじゃ、志望校が狙えるレベルではありません」

 

 

そう言われました。

 

 

僕は高校生の時と同じようなやり方で英語を続けていましたが、当然、成績が良くなるかはわからなかったです。

 

 

ましてや、スタート地点はあまりにも低い。高校1年生の方が僕よりも勉強はできたと思います??(2年間も何もしていなかったので) 

 

 

僕は勉強をしながらも、成績が上がる実感が持てませんでした。

 

 

 

「あー、俺今回のテスト英語190やったよ、くそー」

 

 

センター型の試験を受けた後に周りにいた男の子がそう言っているのを聞いて、

 

 

「あ、自分はこのままでは、絶対この人たちに追いつかない」

 

 

そう思ったことを覚えています。

 

 

 

 

「このままじゃまずい!」と思った僕は、少しずつインターネットや本、友達に聞くなどをして「勉強法」を調べ始めました。

 

 

「まずは闇雲に勉強するのではなく、戦い方を知らなければいけない。」と思ったのです。

 

 

そうやって、新しい勉強法を闇雲に模索するうちに自分の今までの勉強方法の間違いが見えてきました。

 

 

 

そうやって試行錯誤を繰り返しながら勉強していた時、英語の授業中に先生がふと、ある文章を書いたのです。

 

 

それは、

 

 

"Where there is water, there is life."

 

 

という文章でした

 

 

僕は、何の問題もなく、軽くその文章を読んで、理解していました。

 

 

しかし、先生が意味を説明した時、周りの人たちはほとんど分かっておらず、

 

 

「は、なんでそうなると??」

 

 

という声が周りから聞こえていました 

 

 

 

僕は、この時に、自分が今まで調べ尽くした勉強法の効果を実感しました。

 

 

「俺は、感覚でこんな文章も読めるようになったんや・・・」

 

 

少し、自信が出てきました。

 

 

 

それからますます、勉強が、特に英語の勉強が楽しくなってきました。

 

 

 

少し経って、チューターにも 「最近はいい感じに成績が上がってきとるね〜」と言われ始めました

 

 

 

そして8月、僕は英語でクラス1位の座をとりました。

 

 

f:id:Ryo-chin2018:20181114135412j:plain

(赤で印をつけたカドタ リョウスケがりょーちんです) 

 

 

クラスの中には、僕の地元の福岡市でも1、2位を争う公立高校から来ていた人達が何人もいました。

 

 

しかし僕は、自分よりはるかに偏差値も成績も、

 

そしておそらく「地頭」もいい人たちをぶち抜いて、1位を奪取したのです。

 

 

しかし、そこにあまり驚きはありませんでした。

 

 

なぜなら、「頭がいい」と言われる彼らも、

 

僕とは違った「遅れた勉強法」を続け、結果があまり出なくて悩んでいたからです。 

 

 

f:id:Ryo-chin2018:20181001155434j:plain

 

 

 

僕はその後も同じやり方、いや、それからさらに勉強法を進化させ、毎日毎日机に向かい続けました。

 

 

しかし、それは僕にとって苦しいものではありませんでした。

 

 

英語を毎朝勉強するたびに、

 

 

「もっと、英語力が身につくんだ!」

 

 

と思えたからです

 

 

 

12月の河合塾早慶模試で、僕は全国7位を記録することができました。

 

 

f:id:Ryo-chin2018:20181114135535j:plain

 

 

 

そして2月、本命の受験・・・

 

 

 

結果は・・・このブログを読み続けてくれているあなたはもう知っていると思いますが。

 

 

 

僕は早稲田3学部、慶應1学部、明治1学部(特待生)に合格しました。

 

 

 

これは、僕の受けた試験の全てです。

 

 

僕は1つも不合格通知を手にしませんでした。

 

 

 

しかし、思い出してください。この成果を成し遂げたのは10ヶ月前、全く勉強をしていなかったフリーターです。

 

 

そんな男が、10ヶ月でここまで伸びたのです。

 

 

 

 

現在、僕は目標であった早稲田大学に通っており、こちらも目標であった心理学を勉強しております。

 

 

f:id:Ryo-chin2018:20181114140021j:plain

(年齢のところよく計算してみると、僕のフリーター時代の年数が見えてきますね・・・)

 

 

 

僕は、受験勉強のおかげで少しずつ英語が好きになってゆき

大学に通っている今でも英語の学習を毎日欠かしません。

 

 

そんな今、過去を振り返って、思うことがあります。

 

 

僕の周りには「あまりにも英語の勉強法を知らない人たち」がたくさんいました。

 

 

それでは成績も伸びないし、成績が伸びないと自信もつきません。

 

 

英語は正しいやり方をすれば誰だって伸びてゆくのに、それをやらないのはただひたすらにもったいないのです。

 

 

正しい勉強法を知らないが故に多くの人は志望校に落ちてゆきます。

 

 

僕の周りにはそんな人がたくさんいました。

 

 

 

僕は、高校生の時、英語の正しい勉強法を教えてもらったことは1度だってありませんでした。 

 

 

 

しかし、それは日本の英語教育ではこのメソッドのような本質的な方法がないから当たり前なんです。

 

 

僕は、よりたくさんの人に、僕が必死の思いでたどり着いた本質的な英語学習法を届けたいと思い、このメソッドを無料にしました。

 

 

どうか、このメソッドで、間違った英語の勉強法から抜け出してしっかり志望校に合格してください。

 

 

 

 

 

 

このメソッドは、僕が受験生の時に「こんなメソッドが欲しかった!」と思うようなものです。

 

 

 

 僕は、もし受験生である時にこのメソッドと出会えていたら、もっとレベルアップをしていたと確信しています。

 

 

僕は、このメソッドを受け取らないと、大きなチャンスを失うこととなる、とすら思っています。

 

 

 

 

 

そこまでの想いが、このメソッドにはあるのです。

 

 

 

 

「No.1メソッド」を無料で受け取る

(メールアドレスのセキュリティーに関しては僕がしっかり責任を持っています。

三者からのメールは一切届きません。)

 

 

f:id:Ryo-chin2018:20181001155745j:plain

 

 

 

僕は、メソッドを受け取った方とコミュニケーションをとって、サポートをしていきたいので、このフォームの登録は10名の限定にしています。

 

 

(もし、登録後「自分には必要がないな」と思ったら、解除していただいて構いません。)

 

 

もちろん、すべて無料ですので、お金はいただきません

 

 

 

メソッドの受け取り方はとても簡単です。

 

 

「No.1メソッドを受け取る」と書かれたリンクをクリックすると、メールアドレスの入力欄が出てきます。

 

 

その欄にあなたのアドレスを入力して「確認画面へ」をクリックして、送信していただくと、1分以内に、あなたが入力したアドレスあてに、私からメソッドが送られてきます。

 

 

事なことなので何度も言いますが、あなたが入力したアドレスが不正に使われたり、私以外の第三者からメールが届いたりするようなことは決してありません

 

また、あなたが登録したこと事実を、他の誰かが知るようなことも決してありません。)

 

 

 

 

もし、あなたが英語に悩んでいるのなら、このメソッドを受け取らないことは大きな損失となる、それほど、このメソッドには力を注ぎました。 

 

 

もう一度言いますね。

 

 

 

あなたはいま、不安と不満でいっぱいですよね?

 

 

 

なにをしたらいいかすらわからないんですよね?

 

 

 

英語ができないあまり、受験を考えることすら辛いですよね?

 

 

 

周りのクラスメートと比べて恥ずかしい思いをしていますよね?

 

 

もしかしたら、もう諦めて、やる気すら失っているかもしれません

 

 

でも、英語が得意になりたいですよね?

 

 

 

 

 

「成績のいい」同級生に差をつけて偏差値70に到達し、志望校に合格したいですよね?

 

 

英語のせいで志望校に合格できないなんて嫌ですよね??

 

 

 

 

なら、絶対にこの「No.1メソッド」を手にしてください。

 

 

 

 

どうか僕に、あなたを変えさせてください。

 

 

あなたが諦めることが僕は悲しい。

 

 

だからどうか諦めないでください。

 

 

 

あなたのために、このメソッドを作りました。

 

 

 

 「No.1メソッド」

 

 

 

※追伸※

 

このブログを読んでくださっているあなたへ。

 

いつも当ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

僕は、 高校生→フリーター(時々ニート)→受験生→早稲田大学 という道のりを通ってきました。

 

僕は大学なんて行く意味がないと思っていました。

 

 

今、早稲田大学の学生をしていて思うことがあります。

 

 

「この大学に入ることができてよかった」ということ。

 

 

僕は、福岡にいたときには出会えなかったいろんな人と出会えています。

 

世界中を渡り歩いてきた先生、何カ国語も喋れる友達、留学生だらけの寮、宇宙の哲学を教えてくれる先生。

 

僕は、この大学での出会いで大きく変わりました。

 

 

早稲田でなくとも、あなたにはあなたの「ここに行きたい!」という大学があります。

 

大学はとてもいいです。

 

 

しかし、その前に僕たちには、受験という超えなければならない壁があります。

 

 

 

受験は①勉強法を知ること、②それを実践すること、ができればいいのに、その勉強法を世間の学校も予備校もきちんと教えてくれない。

 

 

だから、僕はこのブログを書いています。

 

 

多くの人が正しい英語の勉強法を知ることができ、行きたい大学に行って、可能性を開花させることができれば幸いです。

 

 

ともに頑張りましょう。

 

 

f:id:Ryo-chin2018:20181001155816j:plain